鋲打ち加工(かしめる)

crimp640

「鋲止め」とは、プラダンシートを箱状に組み上げていく際、
接合部分の一部に鋲(樹脂・金属)を打ちつけていく加工方法です。
固定する行為はかしめるともいいます。

現在は固定の加工方法として、
「鋲止め」と「熱溶着」と「超音波溶着」の3つの加工法があります。

「鋲止め」はコストが安く、丈夫かつ見た目が綺麗に仕上がります。
鋲の種類として
「樹脂鋲(樹脂リベット」
「金属鋲(金属リベット」の2種類があります。

「熱溶着」はA式のみに使用できる加工法で、接合部分全体を溶着させる加工方法です。
鋲を使用しないためゴミが出ず、廃棄時の分別も不要ですが
A式の形状でしか加工することができません。

「超音波溶着」は金属鋲で止めるように接合部分の一部のみを固定する方法です。
超音波で樹脂を溶かして溶着するため、ゴミが出ず廃棄時の分別が不要で
A式以外の形状にも使用できますが、仕上がりは金属鋲止めの方が綺麗に仕上がります。

詳しくはこちらの鋲打ち機紹介ページをご参考下さい。

  • ヤマコー プラダンに直接 フルカラー印刷
  • 節電と断熱 窓用断熱プラダンシート amazonでアウトレット販売中! 詳しくはこちら
  • 即日無料 お見積もり お気軽にご相談ください
  • 用途から選ぶ
  • 商品カタログ
  • 無料サンプル

シート重量計算

厚み
プラダン
ベニヤ板

株式会社ヤマコー

〒610-0202
京都府綴喜郡宇治田原町緑苑坂54-2

  • 0774-88-6800
  • 0774-88-6900

お問い合せ

  • マスターカード
  • VISA
  • アメリカンエクスプレス
  • JCB

上記クレジットカードをご利用いただけます。

ページトップへ